少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

基礎練習の大切さ


この二週間ぐらいの息子チームは、和歌山遠征やトレマ、小学生大会の予選リーグ最終戦など、バタバタと過ぎて行きました。


この間、息子はサイド、トップ、トップ下、ボランチといろんなポジションをやっていましたが、最終的に中盤で落ち着いてきましたね。


結果的におそらくコーチは、消去法で決めたのだと思います。


●サイド

足が速くない

●トップ

攻めきれない

●トップ下

攻めきれない


こんな感じで息子の実力では、トップやサイドなどは厳しいと判断されたのでしょう。


ここ最近の課題は、


⚪︎周りを見れなくなっている

⚪︎足技を出せなくなっている


今まで出来てきた事が、出来なくなっているように感じています。


息子には、

「最近、周りを見れなくなっていない?あと、足が速くないから、足技を使ってたと思うけど、最近はやってないように思うけど?」


「パパな、周りは見てるた思うで。ただ、同じことをコーチに言われたわ。足技は使うよう考えるわ」


これを聞いて、今まで出来ていた事と思うのが、誤りかもしれないと思いましたね。


息子チームは小学生大会の予選をなんとか1位突破しました。


目標である中央大会に出るには、トーナメントで勝ち上がる必要があります。


1月にトーナメントがありますので、


久しぶりに、この年末年始は、息子と自主練習をやろうと言っています。


初心に戻り、ひたすら基礎練習として、

リフティング、ボールタッチ、トラップ、一対一、キック、キープ、ドリブル

を昔にやっていた事をやろうと息子と話ました。


あと、この間、トレマがありました。


2ヶ月前にやった時は勝利していたチームですが、結果は接戦で全敗だったみたいです。


これからの時期、いろんなチームが来年からの全日に向けてチームづくりが始まっています。


四年生まで勝っていたチームに、必ず勝てることはなく、今の6年生チームを見て気付きましたが、この時期の6年生チームは、何人か中学生の体に変わりつつありますので、フィジカルやスピードで圧倒されます。


いつの試合も練習も全力!


基礎練習を怠けることなく、1月のトーナメントに向けて計画的に取り組んで行きたいですね。


息子次第ですが、一緒に出来るのも小学生までだと思いますので、親子で楽しもうと思います。


では。また。

ポジションはこれから!!

この週末は和歌山遠征だった息子です。


片道約2時間かけて応援に行きました。


海沿いの天然芝グランド。


羨ましい環境でサッカーをしています。


土日の二日間で、ワンデーの大会が二回ありました。


土曜日の大会は、なんと優勝。


相手チームは技術や連携で上でしたが、なんとか運?もあり全勝でした。


息子の方は、

1試合目 右サイド

2試合目 ボランチ

3試合目 トップ

4試合目 ボランチ

でした。


それぞれのポジションで、必死に頑張ってましたね。


監督からは、

ディフェンス時、もっと強く!!

オフェンス時、もっとパスをもらえ!!

との叱咤激励。


少し前に監督からは、息子をもっと伸ばしたい。殻を破らせたい。

と聞いていましたが、もの凄い言い方でしたので、少し息子が気になりました。


ただ、その日は、みんなで優勝トロフィーももらい笑顔でしたね。


2日目

3試合とも全勝。

優勝がかかった最終戦。

3-5

で敗退。


芝生に倒れこんだ子、泣き出した子、悔しがっていましたね。


息子が泣いていたかは分かりませんが、試合終わりに一瞬、目に手を持っていってましたので泣いてたかも知れません。


その日も監督から、


なんで、ボールを受けない。


もっと攻撃に!


もっと強く!!


激しく言われてました。


2日目のポジションは、

全てトップ下でした。

いつものトップ下の子が、トップに戻ってましたので、、、


優勝が決まる最終戦では、監督は一切、息子チームに指示を出さなかったです。


それは何となく分かりました。


最終戦の息子チームは、みんな声を出し合い、会話して、良い緊張感の中でみんなでカバーしながらやっていました。


そういうときは、子供たちに任せる。


監督の育て方ですね。


優勝できなかったことで、後から監督が保護者に謝っていました。


すみませんでした。


全く謝る必要もなく、この遠征で喜びと悔しさを経験した事で、確実に成長している息子チームが楽しみですね。


息子の方は、ポジションが定着せずに、不安定ですが、必死に自分が出来ること。苦手な部分に取り組んでいる様子でした。


週末は、小学生大会の予選リーグ最終戦。


悔いのないよう頑張って欲しいです。


では。また。

突然の挫折⁇

この前の週末は、六年生最後の公式戦が始まりました。


予選リーグの初戦。


相手チームとの対戦は、この前の全日予選で負けています。


この予選は、上位2チームがトーナメントに進めるので、一度負けると厳しい状況。


そんな大事な試合で、息子を含めた五年生が3人呼ばれました。


試合当日。


五年生の3人はスタメンに入りましたが、


息子はまたまたサイドでした。


開始4分ごろに息子サイドから破られて失点。


すかさず反撃し、コーナーキックの場面で、息子は交代を告げられましたね。


交代時のコーナーキックが決まり同点で、みんなが喜んでいるなか、ベンチに戻る息子の姿。


試合結果は3-2で勝利。


大事な初戦に勝利しました。


帰宅後、お風呂で息子から


「実はな、交代言われてベンチに戻る時、泣きそうになってん」


今まで交代することはありましたが、交代する状況が、初めての経験をしたみたいです。


中盤からサイドに変わったことで、今までのようにいかないと思っていましたが、

息子は挫折を経験したようす。


次の日に落ち着いた様子の息子に伝えました。


「パパな、仕事でもいろいろあるから、いつもなプラスに考えるようにしてるわ、今回のことで良い点を言ってみて」


「六年の試合に呼ばれたこと、あとはスタメンやったこと?」


「そうやな。六年生も試合に出られていない子がたくさんいる、プラスに考えてやっていったらいいと思う。」


「うん、、」


今回の件をどれだけ深く考えるのか、次に活かしていけるのかなどありますが、


息子はおそらくすぐに忘れます。

そこがいいところですね。


低学年時代のチームメイトの親から、

「うちのチームに、突然、j下部から移籍してきたわ、その子は中盤でレギュラー、うちの子はギリギリ残ってる」

と聞きました。


遅かれ早かれ、ポジション争いやレギュラー争いは必ずありますので、この環境を親子で楽しみたいですね。


私としては、これからスタメンから外されて、息子が奮起して、今よりも上手くなる。


今のまま、スタメンでいて、焦らずゆっくり過ごしていくよりも、これからの環境が、きっとプラスになると信じます。


この週末は遠征です。


どこのポジションで起用されるのか、スタメンは?ではなく、試合に出た時に息子がどうプレーしているのかを楽しもうと思います。


では、また。