少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

一喜一憂

今週の木曜日に、息子のクラブチーム練習をみてきました。


息子のチームは、ジュニアユースまであります。


その日は、中学生の1年 VS6年と5年の混合2チームがそれぞれ試合をしていました。


あと、今回から怪我で離脱していた中心メンバーが復活したので、相手が中学生ですが、ほぼ互角の戦いをしてましたね。


ところどころで、やはり中学生のフィジカルに負けてピンチになりますが、数人で囲み、カバーしながら対応できてました。


息子の方は、中盤のポジションからFWへスルーパスを送り、積極的に前へ飛び出しシュートを狙うなど、久しぶりに良い動きをしていたと思います。


一番良かったのは、楽しそうに必死でサッカーをやっていた点ですね。


最近は自主練なし、やる気スイッチオフでしたが、チームの練習中は、当たり前ですが必死でした。


この週末は公式2試合があります。


この練習の結果であれば、コーチから招集される可能性があります。


息子もチームメンバーから、


「土日の試合、頑張れよ」


と言われてました。


息子は「まだわからんで、コーチが決めることやし」



帰りの車で、


「必死に頑張ってたな!」


「そうやろ! 今日はめっちゃ動いたわ。疲れた、、」


「これなら試合呼ばれるかもね」


「(声は小さく)うん」


その日は、良い表情で眠ってました。


一喜一憂な毎日ですが、もっともっとあたたかく見守ってやれるように、努力していきます。


それでは、、、

努力すること。

とうとうガマン出来ずに伝えてしまいました。


今の息子の現状。


努力せずに、6年生の試合に飛び級。スタメンフルで出場。


5年生の試合は、約束されたような中盤。


この二つに、息子のやる気スイッチもなく、今までの努力もない現状がたまらなく嫌でした。


息子へ「今は、試合に呼ばれて出れてるかもしれんけど、外されると思うよ。パパは、努力していて外されても、何も言わないけどね。日々、頑張っていて結果が出なくても言わへん。ただ、必死にやってなくて呼ばれなくなかったら、怒ったらアカンで!」


息子は、「パパの言いたいことはわかるわ。最近は呼ばれすぎかも。なんか当たり前になってきたから、、、」


少しは、今の現状をわかってたことが救いでしたね。


飛び抜けた実力はなく、今までは、影の努力でなんとかキープしていた状況ですが、


ここ最近は努力をおこたり、また呼ばれたわ。みたいなおごりがみえてました。


やる気スイッチもありますが、人として成長するには、努力は必要かなと。


大人になっても同じですね。


限られた時間の中で結果を出していくこと。


5年生という小学生だからではなく、ひとりの子として、伝えたかったこと。


久しぶりに本心を伝えれたこと、息子が少しは?気付いたこと。


口では。明日から頑張るわ‼︎ 朝練やな!


でも、知ってます。


朝が一番弱いこと。眠たくて無理なこと。


朝ではない時間に、五分でも何か努力して続けること。


それが大切なこと。


少しずつ学んで欲しいですね。


少しずつの成長でいいので。


、、、、続く。

やる気スイッチ


この週末は公式戦やトレマなど、サッカーばかりの息子でした。


まずは、全日リーグの試合は、6年生の中心メンバーが怪我で離脱し、5年生の数名が飛び級で挑みましたが、1-1の引き分けでした。


まだまだ連携不足でしたね。


息子もスタメンフルでしたが、うーーん?何かスイッチが入ってないような感じ、、、、


続いてトレマは、北摂の強豪チームでした。


期待して応援しましたが、


1試合目 0-3


2試合目 0-4


チャンスはありましたが、ゴールが決まらず、大敗でした。


久しぶりに完敗。


メンバーは、トップのスピードスターが怪我で離脱中なので、5年生は10人。


そこに四年生を2名追加して試合をやってました。


今までトップに頼りきっていたのが、わかる試合内容。


相手チームは少ないチャンスを確実に決めてきます。


さすが強豪チームかなと。


ただ、その強豪チームよりも更に上が、またその上にも数チームの強いところがあります。


もうすぐ小学生大会が始まります。


不安と期待があふれてますが、


息子には伝えていませんが、何かやる気スイッチが入っていません。


、、、、。


そこがかなり気になりますが、コーチ達が気付けば、全日などの招集からは外されるでしょうね。


外されてから、頑張るのもありかな、、、


当分、様子を伺います。


乞うご期待。