少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

取り組む姿勢。認めること。

来週末は、いよいよ小学生大会が始まります。


息子チームでは、ディフェンスの要である二人が怪我で離脱。


残り10名で戦っていく見込み。


予選リーグは二試合。


上位2チームがトーナメントに進めます。


予選では1敗が、あとあとのトーナメントに響いてきます。


なかなか厳しいチーム状態ですが、全力を出し切ってもらいたいですね。


最近の息子は、なんとか朝の自主練を継続しています。


土曜日はトレマがなければ、親子自主練です。


これまでは、低学年からずっと基礎練をやってきていました。


ボールタッチ、ドリブル、キック、トラップなど。


息子が朝の自主練を続けだしてから、息子の意識が変わってきました。


この間の親子自主練の時、久しぶりでしたので、いつもの基礎練をやろうとした時、


息子から「パパな。昨日のチーム練の時に、新しいフェイントを試したら、ほぼ全員を抜けたから、パパに試したいんやけど」


とりあえず一対一の対戦。


正直、驚きました。


「どう?次は右から抜こうとするから読んで見て」


???


「このフェイントな。相手に読まれても逆をつけるねん。」


サッカーを楽しんでいる良い笑顔でした。


その後は、久しぶりに左右のキック練習。


息子の一つ武器として両足で蹴ることができます。


一年生からずっとやってきた成果ですね。


あっというまの1時間。


帰りの途中に息子へ伝えました。


「フェイント良かったな。そうやって自分で考えて工夫していく事が出来るようになったんやな。パパから、何かサッカーで言う事はないわ。息子を認めるから、パパとの自主練は、確認にしていこ!今まで出来ていたことの確認。」


難しい事は分かりませんが、


息子のことを一人のサッカー選手として素直に認められるようになりましたね。


ここ最近の取り組む姿勢、意識が、低学年時代にあまり活躍も出来ず、ひたすら基礎練してきたことで、少しずつサッカーの技術もメンタルも成長しているんだなと。


そう思ったときに、来週からの公式戦は、勝ったら嬉しいですが、負けたとしても、それはそれで良い経験になるのかな、ほんと少しずつでもサッカーを楽しんでおれば、それだけでいいと思えてきました。


親として息子に少しでも活躍してもらいたいと、ずっと思っていましたが、最近は、そうではなく、息子次第かな。


嫁にも伝えました。


今までは自主練で、いろいろこうした方がいいとか言ってきたけど、息子は成長してるわ。あとは本人次第。そっと見守りましょう。


では。また。

この時期の六年生。意識。

先週末は六年生チームとのトレマがありました。


息子チームからすれば、一学年上。


これまでも六年生の大会で試合をやっていましたので、そこそこ戦えると思っていました。


まず、オレンジチームとの試合。


良い連携で攻め込みますが、ゴールが決まらなず、カウンターにやられて、0-1で敗退。


その後、コーチから次の試合まで、グラウンド20周!!


ほぼ20分ハーフの時間、ずっと走ってましたね。


コーチからは「戦う気持ちが感じられない。」とメンタルについて指摘された息子チーム。


次は別のチームと試合。


前半0-5

後半0-5


こんな結果でした。


息子チームのサッカーで初めてですね。


5点差以上ひらいて負けるのは。


またまた、コーチからグラウンド10周。




コーチからは「得点が開いたことで、頑張らない、諦める、相手チームにも失礼。」


おっしゃる通りですね。


ただ、ここ最近、感じてきたこと。


息子チームの練習では、五年生と六年生が試合をするときがあります。


今までは、引き分け、時には五年生が勝利でしたが、ここ最近は、六年生が常に勝利、、、。


明らかに六年生の実力が上がり、チームとして良くなっていました。


この時期、全日が終わり、最後の公式戦が来月にあり、少しずつ、今の六年生チームは小学生でのサッカーが終わりつつあります。


また、ジュニアユースに向けてサッカーを続けていく子など、


明らかに六年生の意識が変わり、それが気迫となり練習や試合で発揮しているのかな、、、


意識の差がプレーの差、試合結果に。


この時期の六年生。


頼もしく成長していますね。


では、また。

キーマン。オンリー。

この週末もトレマ、トレマの息子です。


土曜日は、午前中はトレマ。午後は練習。


かなりハードですが、朝の空き時間、夜の寝る前の時間を有効に使い、宿題やゲームに励む息子。


サッカーばかりなので、少しでもサッカーをしない時間は、自分の自由?時間なのでしょう。


土曜日のトレマは、プレッシャーがあまりなく、チームは余裕を持った展開。


息子も久しぶりにゴール。


小学生大会に向けて良い準備になったと思います。


でも、その日の午後練習では、味方同士の試合。


負けたチームは、罰走!!


みんな負けると走らされるので、失点、同点!!


「そこおさえろ!」


「よせろ!」


「ナイス!」


など、段々とヒートアップ。


トレマよりも白熱した内容に、保護者は複雑、、、。


そして日曜日も午前練習、午後トレマ。


かなりのハードです。


相手チームは四年生時代に一度だけ大会の決勝であたり2-1で勝利した相手。


一試合目は、4-1で勝利。


パスの連携もよく、良い感じ。


二試合目は、???


試合開始前に相手チームに10番が遅れて到着。


ある保護者から「前に戦ったときに、確か10番の上手い子がいたけど、今、きたんかな?」


その子は、規格外でしたね。


自由にフィールドを走り、キック力もあるし、精度もよい。


おまけに、ドリブルも上手く、足もはやい。


その子が入ってから、


前半1-2


後半1-2


結果2-4で負けました。


失点のうち3点は、その子の個人技⁈でしたね。


久しぶりに上手い子をみました、自信と余裕のあるプレー。


その子がいるといないとでは、全く別チームみたいでしたね。


息子自身も少しずつ成長していますが、段違いの実力差があるので、親としても、、、、⁇


厳しいですね。


そんなチームに勝てないと公式戦の中央大会には出られません。


これから更に頑張って欲しいと思ってしまいました。


ただ、スポーツの世界。


上には上があります。


その10番の子よりも、もっと上手い子が、、、。


親としては、誰かと我が子を比べることはないですが、


まだまだ通過点と思えるようにゆとりを持ちたいですね。


公式戦の予選は、今月の下旬。


チーム力を上げて頑張って欲しいですね。


では、また。