少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

親の理想。子供の思い。

ここ最近の息子は、コーチからの課題を解決しつつあります。


◯ボールを受ける、要求する。


この課題は、チームメンバーから信頼を得ることで、ある程度、自然に解決できたようです。


息子はMFです。


味方にボールを要求したとき、味方がリターンをほしいのか、ワンツーをほしいのか。それぞれ判断してパスをしています。


その一方で、逆サイドがチャンスであれば、ドリブルで運びながら、パスの受け手のタイミングをみてからあわしています。


味方との信頼が築けたことで、息子の長い課題克服につながりましたね。


あとは、更なる高みを目指して、基礎技術を向上させて、ディフェンスやキック精度など、たくさん目標があると思います。


親としては、

◯もっとドリブルで相手を抜き去りゴール。

◯絶対的にとめるディフェンス力の向上

◯キープ力の高いMF。

◯幅広い視野をもつこと。

など理想をあげれば、たくさんあります。


でも、息子はどう思っているのか?


今は、サッカーを楽しんでいますので、親が、もっとあーしなさい。こーしないと。などプレッシャーをかけることは意味がないと感じています。


勉強しなさい。宿題は終わった?手洗いは?明日の準備は?


いろいろ親は子供へ言いたくなりますが、グッとこらえで、言い過ぎず、気付かせるようになりたいものです。


親の理想と子供の思いは、、、


親の立場、子供の立場からみれば違うのでしょう。


一歩引いたところから、息子を応援していきます。