少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

サッカーノート‼︎ 不要では?

息子チームは、お盆休みを終えて週末の全日or大会に向けて、午前は特別練習、午後は通常練習の二部練中です。


なかなか大変だなと、親としては思いますね。


コーチから徳島遠征でサッカーノートに一人ずつ課題を書かれたみたいです。


息子は「対人、球際を強く」と書かれてました。


そんな中、息子からサッカーノートを見してもらいました。


普段は全く見ませんし、サッカーノートを強制するつもりもありません。


内容に驚きました。


ある日の記載。


今日は20点でした。

それは、味方につなぐことができ、相手をドリブルでかわせたことです。

出来なかった80点は、球際が弱く、パスをもらいにいけてない、ディフェンスが弱いなど、、、


息子は、自分なりに評価をしてました。


それを見て、例えば仕事をしている私に仕事ノートをつけたら、どう書くのか?


今日は一生懸命に働きました。同僚と会話しながら、、、


こんな記載ですかね。


それを誰かに駄目出しされると思うと、ゾッとしますね。


息子のサッカーノートを見て感じたことは、普段から100点、満点はなく、反省や課題ばかりを思っていることが分かりました。


親としては、ただ楽しんでサッカーをやり、スポーツを通じて、仲間の大切さや、人との協調性などを養ってくれればと。


今週末はサッカーでバタバタしますが、少しずつ大人へと成長している息子がみれて幸せですね。


さてさて、週末はどうなるのか、サッカーがなければ、、、別の事で親子で楽しもうと思います。