少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

変化。意識。行動。そして不安、、、

この間のトレマで何かを掴んだのか、少しずつ自信をつけた会話になってきました。


「この間のトレマもそうやけど、相手を抜く時に、自分の左から抜いていくのが多くなったよな」


息子からは、

「パパ。気づいた?あれは堂安の技やねん。右に行くと見せかけて左から抜く!」


正直、右から抜くと見せかけてたかわ、分かりませんでした。


ただ、自信を持って動いていたので、結果も相手を抜き去っていたこと。


あとは、縦などのスペースがあれば、迷わずスルーパス。


今の息子の武器は、


⚪︎スペースへのスルーパス。


⚪︎相手にぶつかれても倒れない体幹。


⚪︎ボールキープ。


だと思いました。


体幹は、幼稚園に入る前から続けているスイミングかな?


ボールキープは、体幹が支えになってるのでしょう。


スルーパスは、今もそうですが、低学年時代に加入していたチーム。


団子サッカーを一切せずに、一年生からパスサッカーをやり、ポジションも決められてましたので、常にパスを選択する意識が高いです。


親としては、低学年に団子サッカーをしていなかったことが、後々に影響すると思ってましたが、五年生になって思うことは、


サッカーの理解度が増しているというメリット。



それと、ポジションにこだわりすぎるデメリット。


それぞれの課題がありますね。


低学年時代。前のチームでは、毎週試合でした。


あと、試合の都度、コーチから試合のコメントが子供にあります。


そのコメントが、


酷くかかれたとき。


褒められたとき。


それぞれのコメントで、親子は一喜一憂。


それでチームを辞めた子供もいます。


何が良くて悪いのかは分かりませんが、


その当時にコーチから言われていたコメントは、


カバーリングは出来ていますが、球際の強さや攻めへの意識が低い。


こんな感じでした。



コーチからは、毎日、攻めろ!と親からも伝えて下さいと言われてましたね。


今、五年生になり、その球際と攻めるは、まだまだ改善出来ていません。


低学年時代の課題は高学年でも同じ。


少しずつ攻めていますが、カバーが気になるのでしょう、なかなかおもいっきり行けてません。


球際もまだまだ弱いですね。


そんな中、息子から、


「パパ! 自主練の日を変えるわ。今は、月、水、金やったけど、火、木、土にする。金は木曜の練習終わり遅く、眠いから。」


「自主練はパパやママが言ったことやないから自由に決めたらいいで。一つ教えてや。なんで、自主練するん?」


「なんでって。全日メンバーに選ばれたいからやん。」


「それやったら、自主練の日を変えるのも、辞めるのも、自由やで。親からしたら、自分で決めたことは続けやと言いたい。ただ、それを修正するのもありやで。自分の目標かな」


「とりあえず決めたから。」


息子が自分で決めてやっていることなので、親がとやかく言うことはないと思っています。


息子には、全日メンバーに入ることが目標なん?と聞きましたが、息子は、今は、まず、それ!


とのこと。今は目先の目標!


これもアリかな。


目の前の目標に向かってやる。


どこのポジションも同じだと思いますが、この間のトレマをみて、中盤にかなり上手い子がいるチームは強いですね。


それに対戦する都度思いますが、正直、上手い子は山ほどいます。


先を考えれば考えるほど、不安になりますが、今を楽しむことが大切だと思い、息子を応援していこうと思います。


では、また。