少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

自ら行動すること。



月曜日から始まった息子の自主練。


息子は、月、水、金の朝に自主練することを言いだしました。


本日は、朝の5時50分頃に起きだし、サッカーボールの使用が認められている大きな公園へ自転車で向かいました。


私は、ただの付き添い。


何を始めるのか見ていると、


青い壁に向かってひたすらミドルシュートを打ってました。


見ていると、アドバイスをしたくなるのをグッとこらえてましたが、

一つだけ伝えました。


青い壁から、12〜13歩目あたりに線を引き、この辺りがペナルティーエリアと伝えました。


息子は大体20m程度はなれていましたので、なかなか息子のキック力では、ミスキックが多く、時々、ミートすれば正確に飛んでましたが、今の実力で試合をイメージすれば、ペナルティーエリアの手前から狙っていくことが良いと思いましたね。


それから、ペナルティーエリアの手前で、ワンフェイントを入れてからシュート‼︎


約40分ひたすら続けて帰宅しました。


朝が一番苦手な息子が、どこまで自主練を続けられるのか、、、


まずは、本人が自主的に取り組んでいることを温かく見守ろうと思います。


親が言ってから行動するのと、自ら行動するとでは、まったく違うと思います。


この姿勢が見られるだけで、幸せかな。


では。また続く。