少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

継続は力なり‼︎

前回の公式戦から約二週間が過ぎました。


この前の公式戦で突然、メンバー外になり、悔しさから息子が考えた朝の自主練習は、月曜日、水曜日、金曜日の午前6時から約1時間でした。


一週目は、なんとかクリア!!


二週目は、練習時間が30分、10分と短く。


このまま行けば、三週目には、、、なくなる?


でも、親としては、なくなってもいいと思っています。


自分で決めたスケジュール。上手く行かなければ、修正すればいいです。


親でも、なかなか朝のジョギング、週末の運動など、自ら決めた通りには行きません。


親なら自分で決めたスケジュールを守らなくても、誰も何もいいません。


ただ、子供は親からガミガミ言われますから、なかなか、、、。


目標に向かって、そのプロセスを考え、失敗があれば修正する。


そんな力を養っていって欲しいです。


社会に出たときに力になりますので。


息子の自主練については、意識だと思っています。


メンバー外になった悔しさは、普段のチーム練習、週末の試合などで消えていきます。


先日のチーム練習を見ました。


いつもと違うところがありましたね。


ボールを奪うときに、体をぶつけながら奪いに行く。


ボールを保持したときは、ゴールに向かってボールを運び、パスorシュート。


いつもと違う点は、必死にやっているところでした。


今までも本気でやっていたと思いますが、今回と比べると以前まではスマートな感じでした。


その日の練習から帰宅後に、

妻から「また、全日メンバーに入れるよう頑張りや! 新しく入ってきた〇〇君、上手やし。五年生のレギュラー争いは厳しいから」


息子は「、、、、」


私も息子と同じ気持ちがしましたね。


妻は、応援しただけなんですが、


必死にチーム練習をやり、クタクタな息子、息子かしたら、頑張ってるやん! 言われなくても!


みたいな感じでしたので、


息子へ、コソッと

「パパは、今日の練習見たけど、しっかり頑張ってやってるから、そのままでいいと思うで。」


息子は少し笑顔になりました。



その日は、美味しいママ料理をたくさん食べて、バッタリ就寝でしたね。


本日も朝の自主練をやり、元気な笑顔が見れて幸せですね。



週末の試合が楽しみです。


では、また。