少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

脚の故障⁈

四年生の三月頃、息子が練習後によく「脚が固まった」と言い出しました。

最初の頃は、練習がハードで疲れてるのかな?脚がだるくなってるのかなと感じてました。

その後、二週間すると練習後に迎えに行くと、帰宅までの徒歩が遅く、

「また、脚固まったん?」

「そうやねん。固まるから歩きにくいわ」

何かおかしいと感じ、週末に整骨院へ

そこでは、太ももの筋肉が固まってるので、ほぐしましょう。あとストレッチをいくつか習いました。

息子は初めての整骨院で若いお兄ちゃんが優しくて嬉しかったみたい。

親は、先生が教えてくれたストレッチを続けようと伝えました。

そのまま現在のu11になり、四月初旬のトレマを応援に行きました。

ところが、息子の動きに違和感を感じましたね。何か体が重たい?動きがぎこちない?なんだろう?

トレマが終わり車の中で、

「どうしたん?動きが変やったけど」

「なんか、脚が固まるねん、、、」

「なんやろな?」

その時もそれだけで終わりましたが、

下旬のトレマでも、体が重そうな変な動きでした。

サッカーのパパ友に「最近、脚が固まるから息子は動きが鈍いねん」

パパ友は「脚が固まるって?どういう感じなんやろ?うちの息子からは聞いたことないわ」

その帰りに気になったので、息子に聞きました。

「脚が固まるって、どういう感じなん?だるくなるんやろ」

息子は「ちゃうで、なんか踵が痛くなってかたまるねん」

それを聞いて驚きました‼️今まで踵が痛かったんかい、、、、

すぐさまネットで調べて、整骨院へ、その結果はシーバー(セーバー)病とのこと。成長時期になりやすい踵の故障でした。

またまた、ストレッチを習い、毎日ストレッチをやり、あと練習はスパイク禁止を、この五月から開始しております。

二週間続けて、ようやく動きが戻ってきました。公式戦が近いのでヒヤヒヤですが。

シーバー病に打ち勝つため、毎日親子ストレッチ中です。

なんとか公式戦に出れますよう現在頑張っている息子を応援しています。

布団でのパパマッサージは息子も気に入り、その際中にいつも寝てはりますね。

少しでも息子が活躍できるよう願っています。


それではまた、続く、、、