少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

ポジション争いが始まった!!

この週末はトレマがありました。

対戦相手は六年生の2チームです。

本当は息子チームの六年生との3チームのトレマがメインで組まれたようですが、息子チームは、四年と五年の混合、六年生に分かれてゲームをしました。


対戦結果は、1試合目が1-2、2試合目が2-3で息子チームは負けましたが、前半は息子の五年生、後半は四年生メインで前半だけを見れば、それぞれ1-1、2-0でしたので、五年生だけなら良い勝負をしてましたね。


息子は、最初は左サイド、中盤、トップと三箇所のポジションをやってました。


今までなら中盤だけでしたが、最近、ディフェンスの要である子を中盤に、あと、トップでやってきた子を中盤に配置する新しいフォーメーションやポジションを試しています。


息子チームの皆んなのレベルが上がってきており、息子であれば、中盤からサイドに配置されることで、今までサイドの子がスタメンから外れてました。


息子はスピードが速くないので、途中交代もありましたので、これからポジション争いが激しくなりそうですね。


息子にとってはピンチですが、こういう環境は非常に良いと思っています。


トレマ後に息子に

「どこのポジションでやりたいん?」

「うーん、中盤かな。」

「なんで?」

「中盤は周りを見れるから楽しいねん」

「そうか、コーチは中盤は別の子を考えてるみたいやで」

「うーん、、、」

「良かったやん。これからポジション争いが始まるわ。パパはこういう環境が、息子にとっては一番成長出来ると思うで。前のチームでもそうやったやん」

「あの時と同じか、、、最近はずっと中盤やったし」

「それぞれ中盤でも、息子が出たらパスやキープ、あとドリブルかな?今のコーチは、ミドルシュートが打てて、ディフェンスが強い子も面白いと考えてると思う。」

「ポジション争い燃えるな」


こんな感じの会話でした。


これから公式戦を戦い、中央大会に行くためにはポジション争いは必須。


チームが更に強くなると思います。


まぁ息子が試合に出られなくなるかもしれませんが、、、。


ただ、今よりも成長出来ると思うので、先を信じます。


では、また。