少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

戦術?判断?

公式戦で勝利した息子チームです。

息子は応援組のトレマ参加でした。


監督がチームに伝えた言葉は、

「さっきの試合とトレマ。どっちが良いサッカーやった?」

チームのキャプテンは

「トレマ⁈やと思います。」

「なんでや?」

「トレマはパスを繋いでやってました。さっきの試合は前にだけ、、、」

「そうや。ただ前にパスするだけじゃなく、繋ぐ意識、そこから良いサッカーが始まる?」


息子から聞いた会話なので、ニュアンスや正しい会話が、分かりません。


ただ、応援に行く途中に息子に伝えたのは、

「今の6年生は、前への意識が高いから、すぐに縦にパスをする。それだけでは、強い相手には通用しないと思うよ。時にはサイドを変える、バックに預けるなど、その時の判断でサッカーをしたらいいと思う。」

息子は、

「前が無理ならバックから、逆サイドから?散らしたらいいやろ」


「パパもそう思うけど、トップに預けたい気持ちもわかるねん。判断が大事やとおもう」


あまり、息子と会話すると、親があまりわかってないため、焦りますね。


ただ、判断力の向上がチーム力アップになると思います。


みんなで相手ゴールまで、ボールを繋ぐサッカー。


今後の試合に期待です。


ではまた。