少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

子供の成長を感じる

息子は5年生ですが、4年生あたりから試合後の会話が変わってきました。

「今日の試合はどうやった?」

「まぁまぁかな。ドリブルは出来たけどシュートは無理やったわ。」

親としてはここだと思い

「シュートは狙っていかんとね」

息子は少し考えて

「パパさぁ、ゴール前でシュート打てそうな時に、味方の方がチャンスやったらシュートじゃなくパスやと思うねん」

その試合に、ちょうどゴール前までドリブルして、親としてはシュート?あれ、パスなんと感じてましたので、感じたこと言ったのですが、

「味方が見えて迷ってたん?」

「そうやで、自分のキック力もわかってるし、チームがゴールできることを考えてるで」

こんな感じの会話でした。

息子のプレーに疑問を感じることがありますが、考えてやっているんだと少し感心しました。

その後もトレマなど、いろいろ聞いてみると、後付けかもしれませんが、あそこはこうやったから等、返答がありました。

息子が上手くなるように、いろいろ調べましたが、やはり、自分で考えること、判断することが成長につながるのかな、あまり、こうしろ、ああしろと言うのは成長にはならないなと感じる今日この頃です。

またまた続きます。