少年サッカー子供の成長日記

小学五年生のサッカー生活の記録

2年生ごろの息子

二年生は、息子のサッカー生活が大きく変わりました。パスサッカー主体のチームが市大会で優勝したのです。保護者、子供たちは祝勝会❗️この先の未来に期待したのを覚えています。このu8の時代、子供は500回リフティング、あとABのチーム分けなど、親子揃ってレギュラーにならないと!Aチームに入らないと❗️など競っていました。

毎週、息子と自主練、スクール練習は親が見学、トレマも一緒など親子共同でした。

そんな中、上手い子は更に強豪へ移籍し、j下部に合格してる子もいます。

夏頃、今までのBチームからAチームに呼ばれ出しました。

親的には実力差が見えない中で、呼ばれてましたので不安一杯❗️息子は何も言いませんでした。

二年生の終わり頃、コーチからこの一年で一番成長した息子と褒められ、喜んだのを覚えていますが、その一方で、強豪チームやスーパーキッズとのトレマで、息子の実力を痛感しましたね。

サッカーでは早熟や晩成などありますが、上手い子は星の数ほどいることを、はっきり気づきました。

次回は三年生、、、つづく